Online Journal NAGURICOM は、隠された真実の発掘を志す「調査報道」主体のネットジャーナルです。
沢栄
さらばニッポン官僚社会





表紙、本文イラスト:おてもりのぶお

★新刊のお知らせ
  • 北沢栄の新作『小説・非正規 外されたはしご』が産学社より刊行!
    世界的に広がる格差社会―。日本版の象徴となる「非正規雇用」の実相を描く初の小説登場! 詳しくはこちら
    全国の主要書店・ネット書店で好評発売中!Amazon 楽天ブックス
    ボイジャーより電子書籍版刊行! 著者インタビュー映像も公開中!
     電子本発売に際し、北沢が緊急インタビューを受けました。作品に託した熱い想いを、ビデオメッセージで! → こちら


  • 共著 東日本大震災後の協同組合と公益の課題』が2015年10月10日に文眞堂より刊行。うち北沢は第III部第1章「特定秘密保護法に公益性はあるか」を担当、この法律の限りない危険性を、福島第一原発事故、沖縄密約事件、「たちかぜ」自衛官自殺事件の3事例をベースに検証しています。
    詳しくはこちら

★新着記事

<番外篇>『温暖化で台風が発生/南極のCO2濃度“危険水域”に』(2016.09.20)

<番外篇>『“腰砕け”のEU離脱派 独仏は強硬/現実味帯びる国家解体』(2016.07.11)

<番外篇> 『在米邦人が国連で“和解”訴え/慰安婦問題で日韓解決受け』(2016.04.25)
<番外篇> 『国連で慰安婦問題の日本側スピーチが反響』(2016.03.28)


<短期集中連載(全4回)> 「特定秘密保護法に公益性はあるか」(4)(2015.05.25)
<短期集中連載(全4回)> 「特定秘密保護法に公益性はあるか」(3)(2015.05.11)
<短期集中連載(全4回)> 「特定秘密保護法に公益性はあるか」(2)(2015.04.27)
<短期集中連載(全4回)> 「特定秘密保護法に公益性はあるか」(1)(2015.04.13)


★書籍案内

  • 北沢栄の『小説・特定秘密保護法―追われる男産学社より 好評発売中!詳しくはこちら
    全国の主要書店・ネット書店で好評発売中! Amazon 楽天ブックス
    電子書籍版刊行!ボイジャー 楽天Kobo
    ボイジャーからのメッセージはこちら(PDFが開きます)

  • 共著 『東日本大震災後の公益学と労働組合』が文眞堂より刊行。うち北沢は第I部第3章「公的年金制度はいつまで持つか」を担当、現行制度の問題点、近未来の年金制度像などについて解説しています。 詳しくはこちら
  • 北沢栄 著 小説・中小企業 「町工場からの宣戦布告」 産学社より 好評発売中!
     “大損を被った中小企業の提訴が相次ぐ「為替デリバティブ」。メガバンクの貸し剥がし・貸し渋り、「デリバティブの罠」と戦い抜いた中小企業経営者の痛快無比の物語“
    大銀行 vs. 中小企業経営者の白熱の攻防を描きます。
    ただいまAmazonで受付中!

    書評・反響はこちら

お知らせ
北沢が座長を務めた「厚生労働省独立行政法人・公益法人等整理合理化委員会」で、大臣に提出された報告書(2010年12月27日付)全文はこちら。また、提言事項に対する厚労省の対応状況はこちらです。


★「埋蔵金」関連記事
『第137章 特別会計の「積立金」「剰余金」「繰越額」「不用額」を仕分けせよ』(2010.9.27)
『第122章 民主党新政権と財源問題/「埋蔵金」を活用せよ』(2009.8.31)


●アーカイブ
東山明の『気圧の魔』研究会報告





ご意見・お問い合わせ
Copyright NAGURICOM,2001