Online Journal NAGURICOM は、隠された真実の発掘を志す「調査報道」主体のネットジャーナルです。
沢栄
さらばニッポン官僚社会





表紙、本文イラスト:おてもりのぶお

★新刊のご案内

北沢栄の新著 2030年の世界 時空間世界の拡大』が2024年5月17日、産学社より刊行されました!→詳しい内容はこちら
→理想書店(電子書籍)でのご購入はこちら
Amazonはこちら
楽天ブックスはこちら

★新着記事

第234章 『日本経済曲がり角(上)/好循環かスタグフレーションか』
第233章 『本離れとスマホ依存が同時進行/文化の潮流変わる』(2024.5.26)
第232章 『2024年異変(下) /世界経済に3つの地殻変動』(2024.4.26)
第231章 『2024年異変(中) 歴史的な「日本買い」続く/個人消費が経済復活のカギ』(2024.3.15)
第230章 『2024年異変(上)/新NISAが円売り・資本逃避を進める』(2024.2.26)

第229章 『デジタル資本主義の危険な特性/どこで方向を間違えたか』(2024.1.26)
第228章 『三陸復興、リバウンドに手応え/気仙沼に熱い息吹』(2023.12.27)
第227章 『水俣病全面解決に道/線引き救済を否認』(2023.11.26)
第226章 『東芝再生の究極課題/ガバナンス立て直しが柱』(2023.10.26)
第225章 『地球沸騰化時代/災害級熱波が精神冒す』(2023.9.27)

記事の一覧はこちら

★書籍案内
  • VOYAGER(ボイジャー)で北沢栄のコラム『白昼の死角』(電子書籍版)の連載が始まりました!→こちら
  • 共著 SDGsとパンデミックに対応した公益の実現』が2022年1月、文眞堂より刊行されました(定価3600円+税)。
    うち北沢は第8章「脱炭素化・SDGs・コロナがもたらす社会変革」を担当しています。ご購入はこちら
  • 北沢栄の新著『神保町と大正デモクラシー』 2021年2月8日ザ・メッセージ社より刊行! ご購入はこちら
    歴史的データに裏付けられた迫真の「ジャーナル小説」第5弾、現代ニッポンの民主主義文化の揺籃を描く小説です。
    主な登場人物に周恩来、芥川龍之介、賀川豊彦… 目次はこちら
    感想・書評はこちら
    VOYAGER(ボイジャー)より『神保町と大正デモクラシー』の電子書籍版刊行!→こちら

  • 北沢栄の『南極メルトダウン』 全国の有力書店、大手通販で発売中!
    迫真の21世紀環境小説です!詳しくはこちら
    Amazon 楽天ブックス
    VOYAGER(ボイジャー)より『南極メルトダウン』の電子書籍版が刊行されました!→ こちら

北沢が座長を務めた「厚生労働省独立行政法人・公益法人等整理合理化委員会」で、長妻昭厚労相に提出された報告書(2010年12月27日付)全文はこちら。また、提言事項に対する厚労省の対応状況はこちらです。

●アーカイブ
東山明の『気圧の魔』研究会報告

東山明の新著『健康を守り老化を遅らせ若返る』(サイバー灯台叢書1)がAmazonより好評発売中!→詳しくはこちら





ご意見・お問い合わせ
Copyright NAGURICOM,2001